カフェを開業したいならコーヒーの資格を取ろう|レシピ開発に役立つ

記事一覧

専門性を高められる職業

バリスタ

学びたい知識と技術

バリスタとはカフェや専門店でお客さんにコーヒーを淹れる職業です。バリスタになるために公的な資格は必要ありませんが、倍率の高い職場に就職したい方は民間資格を取得すると良いでしょう。なかには通信講座で学習してとれる資格もあるため、働きながらコーヒーに関する知識を深められます。コーヒー関係の資格の中でも価値が高いのは、コーヒーマイスターです。コーヒーマイスターになるためには抽出方法のような実技だけでなく、歴史にも熟知しておく必要があります。技術から知識まで幅広い資質を高めた方がなれるのです。自宅自習だけでモチベーションを維持するのが難しい時は専門学校に入学して必要な知識と技術を学びましょう。専門学校にはコーヒーを淹れる上で欠かせない道具も揃っていますし、お客さんを見立てた特訓が行えます。特にカフェや専門店と連携している学校であれば実際の現場に飛び込んで必要なスキルを磨かせてもらえます。一人では就職しづらい職場にインターンシップで入れる専門学校を探しましょう。専門学校に入ればマイスター以外にもインストラクターやバリスタ資格を目指せるため、将来を見据えた選択肢が広がります。先々自身のコーヒー専門店を開業したい方であれば、資格を持つことがお店の信頼に繋がりますので価値が高いでしょう。専門学校は場所やコースに応じて通学日数が変わります。それによって資格取得までにかかる日数も変動しますので、ライフスタイルに合わせて入学先を選びましょう。

Copyright© 2017 カフェを開業したいならコーヒーの資格を取ろう|レシピ開発に役立つ All Rights Reserved.