カフェを開業したいならコーヒーの資格を取ろう|レシピ開発に役立つ

記事一覧

趣味でもその気になれば

店舗

人に喜んでもらおう

コーヒーの公的な資格は日本にはありませんが、バリスタはその気になれば誰でも名乗れるのです。しかしそうは言ってもコーヒーの資格が取れれば開業するにも、また趣味の範囲であっても履歴書に一行に入れて、自己ピーアール出来ます。主には通信教育になりますので、時間が空いた時に気軽にやる事が出来るのです。例えばコーヒーコーディネーターはカフェの求人などにはもってこいの資格になります。また、豆やペーパードリップや器具なども送られて来るドリップマスターもあります。ここでは豆の選び方、引き方を徹底して勉強します。困った時は専任スタッフとメールなどで遣り取りが出来るケースもあります。コーヒーと言えばマイスターだと言う人もいます。こちらの資格は日本スペシャルティコーヒー協会に入会していなければ養成講座を受けられないので、個人会員として入会、もしくは法人として入会する必要があります。次に、全日本コーヒー商工組合連合会が認定している資格で、コーヒーインストラクター1級、2級、コーヒー鑑定士があります。特に鑑定士は合格率が5%未満と狭き門です。このようにコーヒーの資格も様々です。通信教育ではカフェ開業を目指し、資金、立地、法的な許可、レイアウトからメニュー、宣伝方法、値段の決め方などのポイントを教える講座もあります。開業までしなくても通信教育で得た知識とノウハウでオリジナルレシピを教える教室を開いたり、講師としても活躍することも可能になるのです。

Copyright© 2017 カフェを開業したいならコーヒーの資格を取ろう|レシピ開発に役立つ All Rights Reserved.